プロフィール

ライトワーカー Yuki

 ☆フリーダムディスティニーフラワーオブライフトレーナー

 ☆ライトワーカー

 ☆スピリチュアルティーチャー

 ☆カリスマシャーマン

 ☆ドラゴンコネクション龍王

 ☆光の戦士



1978年   東京都に生まれる。

      生まれた家には、世間で言われているところの『座敷童』がいたり、何体か実体のない存在たちがいた。

      それなりの恐怖を感じつつも、色々な存在がいるということは当たり前として育つ。

      幼少期は自分が動くことで「周囲の感覚が変わってしまう」と感じ、それを極端に恐れ、

      体が全く動かなくなってしまうことが度々起こったり、自分が体から抜けていくような感覚を経験する。

      小学校低学年頃まで虐待(家族からではない)やイジメにあう。

      内弁慶で家以外では話すことが難しいこともある子どもだったが、自らイジメや虐待を訴えたことにより

      性格が変わり活動的になる。

      小・中・高と一貫校に通わせてもらっていたが、なぜ学校に行く意味があるのかわからず、表面上だけ

      楽しそうに通い、心の中では一刻も早く外へ出たくて仕方なかった。


      高校卒業後、保育士・幼稚園教諭免許を取得し幼稚園に勤務する。

      勤務している中で、保護者の多岐に渡る相談に応えることへの技術向上のニーズを感じ、

      勤務しながら大学へ通い、臨床心理学やカウンセリングスキルを学ぶ。

      大学4年・自身が28歳の時父が倒れそのまま急逝する。

      父の死の前後に経験したことがきっかけとなり、自身も体調を崩しパニック障害と鬱病を発症する。

      鬱病発症中、死と生の境がわからず、自分が生きているのかもわからない・体の痛みを全く感じないという

      状態に陥る。

      1年後退職し、数か月の休養ののち幼児教育関連の仕事を始める。


2007年 結婚する。  

      父の死に関連しての経験や自身の病気で体験した生と死の境界の不確かさについて、

      ずっと考えるようになる。

      パニック障害は一向に良くならず、発症してから年々体全体の調子が悪くなっていく。

      様々な病院に行くも、全く快方へは向かわない日々が続く。

      生と死についてなぜ周囲の人は気にしないのか?常に考えている自分がおかしいのか?とどんどん周囲を

      遠ざけるようになる。

      原因不明の高熱が続いたり、自力で目を開けることすら難しい状態になり救急搬送される。

      発症から3回ほど自分の死をとても身近に感じる状態を経験するが、3回目の時亡き曾祖母の

      「だいじょうぶよ」という声が聴こえる。

      瀕死の状態で連れて行って貰った鎌倉の海風で、体の中から様々なものが抜けていく感覚を覚え、

      その日から少しずつ食べ物も摂れるようになる。


2016年 9月末、日々呼吸することに集中し生きることに意識を向けてくのが精一杯の状態の中、

      師であるAya氏に出会う。

      初めてセッションを受けた時から、驚くほど体が楽になり自分の成すべきことに気づかせて頂く。

      その日のうちに迷いなくAya氏主宰のライトワーカー養成スクールへ申し込む。

      その1週間後、夫の上海(中国)への転勤が決まる。

      様々な素晴らしいヒーリングやLOVINGを受け、日々自分の誓願へと生きる喜びを感じる。

      今、苦しいと感じている人に同じように楽になってもらいたいと、ライトワーカーとして活動することを

      決める。


2017年 3月末、上海へ引越し。

      現在、「命は私そのものだ」と自ら発した言葉から取り『Dear Life』という屋号で活動を始め、

      今に至る。